歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

バッテリー充電コントローラーが故障 (2)

2017/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_2006-19-1.JPG
うちのソーラー発電システムはバッテリーを使う独立型なので、
メンテナンスは自分でするのが原則です。
電力供給に関して電力会社に全て丸投げして使うだけのユーザーなら電気のことを考えることもありませんが、
独立型となるとそうもいきません。
ほったらかすとバッテリーの寿命が短くなったりしますので、
発電量に合わせて負荷を減らしたり増やしたり、
とても面倒です。
つまり、日が照っている時に洗濯したり、食器洗い器を使ったり、掃除機をかけたり、診療室の電気を消したり点けたり、忙しい。
農業よりも日照に合わせないといけないので、忙しいと思います。
四六時中、発電量と使用電力のバランスを考えていないといけないのです。

それが苦になる人は系統連携システムにして売電するのが良いです。
発電効率も約2倍だし。
10年もしたら元がとれて、それ以降は稼いでくれますから。
今後もっと電力料金は上がりますから、
自前でソーラー発電システムを持つのは大きなメリットがあるでしょう。

今日は向かって右端の充電コントローラーが故障したので交換作業をしました。
PV(太陽電池)とバッテリーのショート・モードで壊れました。
原因は不明です。

機械は故障するものですから、故障のリスクは自分で負うしかありません。
まあ、そこまでして電気が欲しいか?と言われるとどうだか分かりませんが、
いろいろと考えさせられますので勉強にはなります。

次のシステムは故障しにくい充電コントロールシステムを自作することを考えていますが、
さてどうなりますか。。

新品の充電コントローラー
IMG_2011-19-3.JPG

カバーを外したところ
IMG_2012-19-4.JPG

第2システムは第3システムは同じ構成のシステムで、
予備充電端子から一方のバッテリーにお互いに充電し合うようにしていますので、
両方の電源を落とさないと交換作業はできません。
電源を落としたついでに、バッテリー液が付いて錆びた端子をきれいにしたり、
バッテリー液を補充したりしました。
IMG_2009-19-1.JPG

最近は電磁波環境適合性(EMC)対策として、ノイズ対策をしないといけないらしく、
フェライトコアが付属していました。
電磁波過敏症の方も最近はいらっしゃるようですが、
ラジオテレビ局がある都市部にお住まいの方はどうなのでしょうか?
大きな電波を空間に溢れさせていますので、
その影響は大です。
IMG_2013-19-5.JPG

開業する前は東京で勤務医をしていましたが、
オーディオの音が悪くなるほど電磁波の影響を強く感じました。
ヒステリックな音で、音楽聴くのが苦痛なくらい。

今は田舎なので、平気です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.