歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

<電力需給>政府今夏試算「6%余裕」伏せる

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

<枝野経産相>今夏、電力制限令せず 原発稼働ゼロでも
とニュースになりましたが、

それは原発が全停止しても、電力不足にはならないからです。

では、去年の節電騒ぎはなんだったのか?
ま、原発推進派の脅しだったことがはっきりしたということです。

去年経産省は9.2%の電力不足になると発表しましたが、
そのとき菅首相は、そんなはずはないだろ、、調べなおせ、、と国会でも言っていましたが、
それの結果が今頃出て来たということです。じつは原発がなくても6.0%の余裕があるというのです。

もう原発の終わりがはっきり見えてきましたので、
これから石油減耗時代を迎えるに当たって、
これまでに溜まった膨大な放射性廃棄物をどのように処分するか?
ということに問題が移ってきます。

地下水脈が繋がっている日本では、地層処分は無理です。
人工堆積岩でピラミッドを造り、地表管理するしかないでしょう。

100万年も。。
人間の愚かさのモニュメントを管理しながら、ほぼ永久に。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201105290001/

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201105300001/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120123-00000003-mai-pol

ーー引用開始ーー

毎日新聞?1月23日(月)2時30分配信
今夏の電力需給について「全国で約1割の不足に陥る」と公表した昨夏の政府試算について「供給不足にはならない」という別の未公表のシナリオが政府内に存在したことが、分かった。公表した試算は、再生可能エネルギーをほとんど計上しないなど実態を無視した部分が目立つ。現在、原発は54基中49基が停止し、残りの5基も定期検査が控えているため、再稼働がなければ原発ゼロで夏を迎える。関係者からは「供給力を過小評価し、原発再稼働の必要性を強調している」と批判の声が上がっている。

◇再生エネ除外、「不足」のみ公表

公表された試算は、東京電力福島第1原発事故を受け、エネルギー戦略を見直している政府のエネルギー・環境会議が昨年7月にまとめた。過去最高の猛暑だった10年夏の需要と全原発停止という想定で、需要ピーク時に9.2%の供給不足になると試算した。

この試算とは別に、菅直人首相(当時)が昨年6月下旬、国家戦略室に置いた総理補佐チームに、電力需給の実態把握を指示。経済産業省に対して、発電所ごとの設備容量・稼働可能性、地域ごとの再生可能エネルギーの稼働状況など、試算の根拠データの提出を求め、再試算させた。

その結果、現在の法律に基づいて電力会社が調達できる再生可能エネルギー容量は759万キロワット(原発約7基分)あったのに、公表された試算は供給ゼロだった。また、一部火力発電所で定期検査による稼働停止時期を猛暑の8月に設定したり、大口契約者への格安電気料金と引き換えに需給逼迫(ひっぱく)時の利用削減を義務づける「需給調整契約」による削減見込みもゼロとしていた。夜間の余剰電力を昼間に利用する「揚水発電」の供給力も低めに設定されていた。

再生可能エネルギーによる電力供給などを盛り込むシナリオで計算し直すと、電力使用制限令を発動しなくても最大6.0%の余裕があった。再試算は昨年8月にまとまり、菅首相に報告されたが、公開されなかった。

国家戦略室で同会議を担当する日下部聡・内閣審議官は「国の政策を決定する過程で、後になって『足りませんでした』とは言えない。慎重に堅い数値をまとめた。供給不足を導く意図はなく、昨年11月に公表した対応策で、再生可能エネルギーや火力発電の増強を必要な取り組みに挙げた」と説明する。一方、国家戦略室の総理補佐チームで再試算に携わった梶山恵司・富士通総研主任研究員は「電力会社の言い分をまとめた極端な前提に基づく試算。その数字が、原発再稼働を容認する政治家らの発言にもつながった。再試算は菅政権末期の混乱で公表できなかったのではないか」と問題視している。【永山悦子】

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.