いよいよアカンか〜。。

   

と思ったら、そうでもなかった。
喋らないし、食べないので、もしかしたらと思い、
即席に口腔ケア用にエアスケーラーと吸引装置をでっち上げて口腔内清掃をしてみた。
口腔内はプラーク、食渣、痰の乾いたものが歯や口腔粘膜にこびりついており、
清掃してみると急に元気に喋り出した。
気持ちいいのだろう。

口腔ケアというのもは誤嚥性肺炎などの予防というだけではなく、
病人に元気を出させるために必要なものだなと改めて思った。

 - ドクターのつれづれ。