イレブン・シリーズ

      2017/02/26

  • IMG_2541.JPG

イレブン・シリーズは1960年代後半から70年代前半の発売で、
時期により、デザインがわずかにことなります。
共通しているのはプレス品のアルミ化粧板を多用してあり、ロゴも印刷ではなくて、型押しです。
僕はここに60年代の香りを感じます。

回路は真空管をそのままトランジスターに置き換えたもので、
修理が可能です。
現在のラジオはほとんどIC一個とか、LSI一個だけとかになっており、
選択度重視の所為か、感度は低いので、当地のような田舎では使い難いようです。
もちろん修理など、だれにもできません。

修理もできないようでは、
ぼくは、工業文明は行き詰まったと見ますが、いかがでしょうか?

 - オーディオ, ドクターのつれづれ。