歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

これで最後60年代

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
  • IMG_2627.JPG

クリック拡大

どちらも同じメーカー(NF 回路設計ブロック)
のジュネレータ、発振周波数はどちらも1kHz(オシロスコープに出しています)。
銀色のフェイスにでかい周波数可変用のダイヤルが付いた方が、60年代と思われる製品(FG-104T)。
超高性能ではないが、単純な回路なのでいざともなれば僕にでも直せる。

右のTFTカラーLCDが付いている方が最新型(WF1973)。
最新型の方は、中身はデジタル回路の固まりで超多機能高性能だが、
50年保つか?と問われると、残念ながら、だめとしか答えられない。
補修部品が無くなるとそれでおしまい。

一体、技術の進歩とはどういうことだろう。。
資源エネルギーの減耗が始まり、高度に分業化されたヒエラルキー構造を持つ工業社会が変調をきたしたら、
その頂点に立つ工業製品は、
あっと言う間にゴミの山になるだろう。

このことは、今回の震災とタイの洪水でよく分かったと思う。

60年代以前は刻印(プレス)の凹面にエナメル塗料を擦り込んであるのが普通だ。
IMG_0001-2.JPG

今のはこれ、NF回路設計ブロックさんにはお世話になっております。
これからも末永くがんばっていただきたいと思います。
IMG_0002-1.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.