歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

5兆円の追加費用と試算=使用済み燃料全処分で-原子力委 (1)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この記事短いですが、重要なことを言っています。
国は事実上夢の「核燃料サイクル」事業を諦めて、直接処分(どこかに埋める)することを内定したと言うことです。
その先にある「核融合炉」の実現も事実上諦めたということでしょう。

「もんじゅ」も「六ヶ所村」も事故等で稼働の見通しがまったく立っていませんので、
現状の追認ということですが、もう既にこれらには10兆円近くつぎ込んでいて、今後事業を続けるとすれば
さらに10兆円かそれ以上、いくらかかるか判らない。それでも出来ないかもしれない。どころか、大事故を引き起こすかもしれない。

それに比べれば5兆円の追加で撤退できるというのなら安いものだという発想です。
直接処分なら2兆円~6兆円で済むというのは最初から分かっていた話で、
なぜそうしなかったのか。

苦し紛れの「プルサーマルでリサイクル」とか、
「原子力ムラ」の皆さんはどれだけ欲が深いんでしょうかね?

要するに、「原子力」は美味しいクイモノだったわけですよ。

・・・事故さえ起こさなかったら。。

そして、だれも責任を取らない。

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012041900399&j4

ーーー引用開始ーーー

原子力委員会の原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会は19日の会合で、使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル」を取りやめ、全量直接処分する場合、再処理工場の廃止などで最大5兆400億円の追加費用が生じるとの試算を初めて示した。? この結果、全量直接処分した場合の2030年までの総費用は7兆400億(原発依存度0%)~11兆9400億円(同35%)になるとした。(2012/04/19-12:45)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.