歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

70年代シリーズ44 (1)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_2838-1.JPG

このところ70年代シリーズをやっていますが、考えてみると僕は70年よりも60年代のシンプル・デザインの方が優れているように思います。またプラスティックを多用していないので質感もずっと高いのです。

前回のTVは7inchのUHF付きでデザインから1969年頃の製品と思われますが型式不明(右)です。

向かって左はもっと古く1962年頃の製品でmodel 5-303 です。
この時代のTVはUHFは付いていません(国内放送開始は1969年?以降です)

この5inchのテレビは世界で一番小さなテレビとして発売されたとして有名で、
筺体は鉄製、コンパクトな割にはずっしり感があり、
オシロスコープを思わせるデザインです。

電源はAC100Vの他にDC12V、DC24Vまたはその両方が使えます。

IMG_2839-1.JPG

このデザインは70年代のポータブル・カラーテレビのデザインに使われ復活しますし、
70年代にはブラウン管が3inchさらに1.5inchと小さくなります。
これ以上小さいのはTVとしては実用性がありませんが、
省電力性が高いのでビデオカメラの内蔵モニターとして永く使われました。

つづく。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.