節電でも西日本は3.6%不足

      2017/03/21

原発を再稼働させたい電力会社を始めとする経済界、「原子力ムラ」の村民が大騒ぎして、
電力不足を煽っていますが、
うそです。

もちろん節電など簡単にできます。

うちなんか、節電に取り組み始める前の65%オフを達成していますよ。
事業所でも深夜のブレーカーを落とすだけで10%の節電ができます。

・・・一体、3.6%とかいう細かい数字がどこから出てくるのか、
以下の記事を読んでもよく解らない。

1、昼間の1~2時間程度のピーク電力が足りないのか? しかも足りないのは2、3日。
2、それとも、原発を稼働させていないので、深夜電力に代表されるベース電力が足りないのか?
3、はたまた、全消費電力のトータルが設備能力を越えるのか?

よく解らないが、3、はないとしても、
数%のピークカットなら、
一事業所当たり10分程度エアコンを止めるとか、照明を半分にする程度でクリアできる話だ。
ベース電力が足りないなら、温水便座の電源をOFFに設定するだけでいいし、
そんな設定が面倒なら仕事が終わった時点でブレーカを落としてしまえばよい。
どうせ大して使ってもいない冷蔵庫があれば、思い切ってコンセントを抜けばよい。
その程度の対策で十分なはずだ。

そういうことを言っています。

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201201200001/

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120423/k10014649401000.html

ーーー引用開始ーーー

4月23日 16時12分
ことしの夏の電力の需給状況を検証する政府の第三者委員会の初会合が開かれ、節電が行われたとしても、おととし並みの猛暑になれば、西日本全体で3%余りの電力が不足するなどとした電力会社による最新の見通しが示されました。
この第三者委員会は、電力会社によることしの夏の需給の見通しが妥当かを検証するために政府が設置したもので、初会合では、冒頭、古川国家戦略担当大臣が「今回の検証はことし夏の節電対策を検討するうえでの基礎となる。客観性、透明性を担保した検証をお願いしたい」と述べました。?このあと、政府が法律に基づいて全国の電力会社に提出を求めた夏の需給状況の見通しが示されました。?それによりますと、去年の夏以降に実施された企業や家庭での節電が引き続き行われるという前提で、電力の需要がおととし夏の猛暑並みとなった場合、東日本では供給が需要を3.7%上回るのに対し、中部電力管内を含む西日本では3.6%電力が不足するとしています。?電力会社ごとに見ますと、電力が不足する見込みとなっているのは、北海道電力管内で3.1%、関西電力管内が全国で最も深刻で16.3%、九州電力管内が3.7%となっています。?一方、供給が需要を上回っているのは、東北電力管内で2.9%、東京電力管内で4.5%、中部電力管内で5.2%、北陸電力管内で3.6%、中国電力管内で4.5%、四国電力管内で0.3%となっています。?委員会では、電力需給の最新の見通しについて、大型連休明けまでに複数回検証を行う予定で、政府は、結果を踏まえて夏の節電対策を取りまとめることにしています。

 - 節電, ドクターのつれづれ。