試作スピーカ0.21

   

バイスまたはワークの切削面がテーブルのX、Y、Z軸と平行になっていないと当然ながら、図面通りには削れないわけで、ダイアルゲージでスキャンしながら平行度を合わせ込む作業が必要です。

慣れれば早くなるのでしょうが、試行錯誤中なので、簡単ではありません。

刃物の軸のブレや傾斜も当然ながら重要です。
もう少し感度の良いテコ式ダイアルゲージを発注していますので、
近々切削予定。
この作業はNCフライスでも同じことですので、
自動切削とか言っても手動の部分が大きなファクターを占めるのは変わりません。

 - 試作スピーカー, オーディオ, ドクターのつれづれ。