インドネシアが原油輸出停止を検討、輸出先に日本も (4)

      2017/02/26

やや旧聞に属しますが、別に事態は好転していません。
インドネシアは産油国ですが、国内需要の伸びを受け、原油輸出ができない状況が近いというお話です。
データからみると数年以内でしょう。

あのサウジアラビアでさえ10年ちょっとという試算ですから、
これから原油価格の高騰は避けられないでしょう。
日本の場合、天然ガス価格も石油価格連動ですから、電力価格の高騰は避けられません。

っていうか、これは現代文明(石油文明ともいう)の崩壊を意味します。

ーーー引用開始ーーー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120127-00000009-reut-int

ロイター?1月27日(金)4時24分配信

拡大写真
1月26日、インドネシアは国内需要の高まりを受け、原油輸出の停止を検討している。写真は同国内の油井。2011年2月撮影(2012年 ロイター/Beawiharta)
[ジャカルタ 26日 ロイター] インドネシアは国内需要の高まりを受け、原油輸出の停止を検討している。副エネルギー相が26日、明らかにした。ただ、停止する時期は示さなかった。

【欧米の制裁強化、原油価格への影響は】特集イラン情勢

インドネシアは原油を主にオーストラリア、中国、日本、韓国に輸出している。中銀の最新の統計によると10月の輸出量は日量約47万7000バレル。インドネシアが輸出を停止した場合、アジア地域の原油需給がひっ迫する恐れがある。

副エネルギー相は記者団に対し「インドネシアは基本的に輸出より国内需要を優先する。需要が増大し、生産が減少していることから、原油輸出の停止を検討している」と述べた。

 - ドクターのつれづれ。, もったいない学会