歯科医院長mabo400のブログ

原子力委員長代理が核燃料全量再処理「撤退を」

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

img75001966zik1zj.jpeg

九電の発電所や営業所の入り口に「プルサーマル未来へつなぐリサイクル』でしたか、
そんなのぼりが立っていましたが、3.11以後は見かけません。こっそり撤去したのでしょう。
うそではないのなら、そのままにしておけばよいのに、余程後ろめたかったのでしょうね。

電力会社や資源エネルギー庁のHPでは「プルサーマル」は安全とか、
「核燃料サイクル」は必要とか、
コストが安いとか宣伝していますが、
http://www.yonden.co.jp/energy/atom/library/data/pamphlet_05.pdf

http://scicom.edu.u-toyam
a.ac.jp/AtomLand/what_pl.pdf

全部うそだったようです。
子供達にうそをつくとか、その道義的責任は大きい。

まあ、使用済み核燃料をどこかに穴掘って埋めようとか、ねこのうんこじゃあるまいし、、
100万年とか長期間にわたって、漏れても地下水に混ざらないような安定した地層なんか日本にはありません。

そこで、提案されているのが「人工堆積岩」のピラミッドに納めて地上管理する方法です。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201105290001/

ーー引用開始ーー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120605-00001018-yom-sci

読売新聞?6月5日(火)19時28分配信
内閣府原子力委員会の鈴木達治郎委員長代理は、5日に開かれた原子力委定例会で、原子力発電所からの使用済み核燃料を再処理し、燃料として再利用する「核燃料サイクル」政策について、「全量再処理に積極的な合理性はなく、全量再処理から撤退することを明確にすべき」と述べた。?? 国の原子力政策は、全量再処理を前提に核燃料サイクルを進めるとしている。原子力委員が公式の場で、全量再処理からの撤退に言及するのは極めて異例。?? 鈴木代理は「(再処理後のプルトニウムとウランを利用する)高速増殖炉は実用化が不確実」とし、青森県六ヶ所村での再処理事業も継続するかどうか検証すべきと指摘。その上で、再処理と地中に埋める直接処分の併存策が合理的とした。
最終更新:6月5日(火)19時28分

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.