歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

太陽:磁場が「4重極構造」に…地球、一時的に寒くなる?

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

一時的ならよいのですが、小氷期が始まった1600年の始め以降数十年間は、ペストの流行、魔女狩り、何十年も続いた血で血を洗う戦争、欧州の人口増加は停滞したそうです。
資源エネルギー減耗時代に寒冷化は厳しいものがありますね。

ーーー引用開始ーーー

http://mainichi.jp/select/news/20120421k0000m040072000c.html

毎日新聞 2012年04月20日 20時56分(最終更新 04月21日 01時09分)

太陽北極の磁場が反転し、北極と南極がN極、赤道付近がS極になる「4重極構造」に変化しつつある=国立天文台提供
拡大写真
20120421k0000m040081000p_size5.jpg
これまでの太陽の磁場構造。南極がN極、北極がS極の「2重極構造」=国立天文台提供
拡大写真
20120421k0000m040082000p_size5.jpg
太陽の北極と南極にN極、赤道付近に二つのS極が形成される「4重極構造」が現れつつあることが、国立天文台などの研究チームの観測で分かった。現在は2極だが、地球が寒冷化した約300年前にも4重極構造だったとみられる。当時の太陽活動の特徴とも一致することから、温暖化の一時的な抑制につながる可能性があるという。
研究チームは、太陽観測衛星「ひので」で太陽の極付近を観測。08年の北極はS極だったが、11年にはS極に混じってN極が出現した。北極と南極は同時に反転するとされてきたが、南極はN極のままだった。このため、北極ではS極からN極に反転し、4重極構造に変化する過程にあると結論付けた。今年5月ごろには完全に反転するとみられるが、理由は分かっていない。
過去の太陽の観測結果を調べたところ、黒点の増減周期や磁場構造が、地球が寒冷期だった17~18世紀と酷似していた。常田佐久・同天文台教授(太陽物理学)は「反転の影響で、地球が寒冷化する可能性がある」と分析する。【鳥井真平】

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.