歯科医院長mabo400のブログ

新潟県沖に大規模油田か、来春にも試掘 (6)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日のニュースに新潟県沖に大規模油田というのがありました。
この辺りには中小の油田はたくさんあることは分かっていましたが、
採算が採れないので、採掘されていなかったわけです。
ところがこのところ100ドル/バーレルを越える値段になるとそろそろ採掘しようか、、という話になります。
日本では話題になりませんが、石油ピークを過ぎると急速に減耗もしくは高騰することが分かっていますので、
そのことが下敷きになっているのかもしれません。

この新潟沖大規模油田というのがどの程度の埋蔵量があるのか分からないのですが、
超巨大油田とよばれているのが埋蔵量1000億バーレルといわれるサウジアラビアのガワール油田で、
ここは例外中の例外です。
ふつうはだいたい5億バーレルで巨大油田とよばれるそうです。

新潟沖大規模油田というのがどの程度かは、掘ってみないと分からないとしても、1000億バーレルはない、
5億バーレルはあるかもしれない、そんなところでしょう。

この5億バーレルというのは意外に少なくて、
例えば日本にある200日分の備蓄石油は原油換算で5.5億バーレルだそうで、

この新潟沖大規模油田も1年でおわりかもしれないわけです。
これで日本の石油事情は安泰だとかは、あまり期待しない方がよいかもしれませんね。

ーーー引用開始ーーー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120618-00000645-yom-pol

読売新聞?6月18日(月)14時31分配信

20120618-00000645-yom-000-3-view.jpg
拡大写真
読売新聞
経済産業省は18日、新潟県沖で油田・天然ガス田の商業開発に向けて試掘に入ると発表した。?? 来年4月にも掘削を開始し、埋蔵量を3年かけて調査する。地質調査の結果では国内最大の油田・ガス田となる可能性もある。?? 試掘地点は、新潟県の佐渡島から南西約30キロの水深約1000メートルの海底。2003年に周辺海域で試掘した際、少量の石油やガスの産出が確認されていた。?? 経産省資源エネルギー庁は、08年に導入した3次元物理探査船を使用して地層構造を精密に分析した結果、海底から2700メートル下にある地層のうち、約135平方キロに及ぶ範囲で石油や天然ガスの埋蔵の可能性があるとのデータを得た。面積はJR山手線内の約2倍に相当し、同庁は「面積では海外の大規模油田に匹敵する」としている。?? 政府は09年、「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」を策定し、日本の排他的経済水域(EEZ)内の資源開発に本腰を入れた。日本近海の11か所で3次元調査を進めたところ、新潟県沖が最も有望と判断した。試掘の結果が良好なら、同計画の第1号として17年の商業化を目指す。
最終更新:6月18日(月)15時45分

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.