歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

スピーカ設計には(25) (2)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

AD712Nを両波整流回路に使うとf特が5kHzと悪く使い物になりません。
そこでLM6361Nを使ってみることにしました。
AD721Nは2個入り、LM6361Nは1個入りなので、LM6361Nを2段重ねにしてAD712Nと差し替え可能にしました。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201206270001/
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201206280004/

差し替えたところ。
IMG_2789-1.JPG
IMG_2792-2.JPG

IMG_2798-3.JPG

f特は著しく改善されました。画像のオシロの画面の両波整流波形は20kHzですが、300kHzくらいまでは使えそうです(必要ないですが)。
IMG_3330-7-2.JPG

ピークホールド回路のAD712NもLM6361N×2に交換して動作確認しましたので、
ホールドコンデンサーの容量を0.047μFから0.01μFに交換して、チャージに必要な時間を短くする予定です。RSオンラインにメタライズド・ポリプロピレンのものを発注しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.