デジタル時計の製作実験6

   

ブレッドボード上で5VのACアダプタから10MHzの水晶発振器と1/10,000,000分周器に電源をつなぎ込んで動作確認をしてみました。

40MHzのオシロスコープでは

原振の10MHzはやっと見える程度、

1Hzもやっと安定して見える程度、
オシロスコープの帯域の上限と下限の全てを使います。

 - CPUを創ろう, ドクターのつれづれ。