デジタル時計の製作実験25

   

時間表示部分が23の次は00にならないといけないのですが、
20になって、2がリセットされないのをどうにかしないといけないのですが、
まだ解決していませんw

なぜそうなるのかを時間の経過を1000倍に早めてオシロスコープで見てみました。

上が1の位からの桁上がり信号で、1の位のカウンタIC 74HC162が9(4桁の2進数では1001)を表示した時に出力されFFで1クロック遅らした後、10の位のカウンタICのCLK(クロック入力)に入力されます。

ところが10の位に2が表示された後は、1の位は3が表示された次回にリセットされます(CLRバーに信号が入力されます)が、その時にはCLK信号がありませんので10の位はリセットされません。

それは当然でCLKは9の時に出力されるのですが、3ではまだ出力されません。
HC74162の仕様ではリセット信号がL(ロー:0V)の間の最初のCLKの立ち上がりでリセットされるのですが、CLKがないのではリセットされないのです。

で、3になる時のCLKを生成してCLKに加える必要があります。
破線部分。

そのCLKはリセット信号をインバータで反転させ、若干遅らせるだけで良さそうですが、ミキシングする方法を検討しています。
OR(オアー)ゲートを使えば良さそうですが、ORゲートの手持ちがないので、発注しました。でもORゲートはNAND(ナンド)ゲートを組み合わせればできますので、これも検討中。
また、オーディオ信号のミキシングのように抵抗を出力に直列に入れる方法でも良いかもしれませんが、これも検討中です。

 - CPUを創ろう, ドクターのつれづれ。