デジタル時計(digital clock with TTL IC)の製作編ver.2.00

      2017/11/14

前回まではプロトタイプだったので、ブレッドボードを台座に使った所為で縦表示になりましたが、まあ、それも奇抜で良いかと思いました。

今回は実用性をもたせるつもりですので、横表示にしようと思っています。
横幅14cmです。

欲しい方はcontactからメールをください。
世界で1台しかない時計が欲しい方、専用ICもFPGAもマイコンも使わないで、デジタル時計の原理に基づいて基本ロジックICのみを使い最初から手作りで作るというマニアックな趣旨に賛同していただける方限定です。

受注生産ですので、お気に入りのケースに入れたい、もっと大きな表示にしたい、ニキシー管表示にしたい、超高精度の水晶発振ユニットTCXOにしたい、ルビジウム源振にしたい、もちろん縦表示でも、どんなご要望にもお応えします。

お値段は10万円+材料費です。

材料費は画像の標準仕様で材料費5,000円、ニキシー管仕様で35,000円です。

まあ、ここの読者さんに、そんなマニアックな時計が欲しい方がいらっしゃるかどうかわかりませんがw

 - CPUを創ろう, ドクターのつれづれ。