署名活動にご協力ください

      2017/02/26

来年4月の保険診療報酬改定の裏情報が入りつつあります。
医科も厳しいですが、
歯科もひどい!

小泉骨太の改革」にやられました、、、

歯周病の予防管理(定期的なクリーニング)が
保険給付から外されるのはもちろんですが、

歯周病治療の骨抜きもなされようとしています。
それは歯周病の治癒基準の引き下げ?です。
今現在、歯周ポケットの深さは4mm以上が病気なので
治療の対象ですが、
来年4月から歯周ポケットの深さ5mm以上が病気で治療対象、
4mm以下は病気じゃないので、
保険診療の対象ではない=保険診療は認められない、
だそうです。

事実上の診療制限です。
来年4月より、
歯周病で保険診療を受けることのできる人は1/5以下になります。

残念ながら、削らない・抜かないということで
予防と歯周病治療を専門にやってきた当院は
撤退を余儀なくされます=つぶれます。

皆様のご支援をお願いします

また、自費の義歯の修理や調整が昨年の4月より保険請求できなくなっています。
それ以前は保険請求問題なし、だったのですが。
今はこれを保険請求をすると不正請求の汚名を着せられ、
保険医停止処分になります。

この件で当院にクレームが来ていますが、
お門違いです。

クレームは次回の衆議院選挙でお願いします。

 - お知らせ, ドクターのつれづれ。