歯科医院長mabo400のブログ

咬合の理論と実際 (6)

2017/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -

51JlNOEpf0L._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg

http://www.amazon.co.jp/gp/product/0323033717/ref=cm_cr_asin_lnk

咬合関連の本は見かけたら買いますが、
残念ながら日本人にはまともな著者はいないようです。

唯一納得できるのは「Dr. Peter E. Dawson」だけです。

さすがはアメリカ人です。理論的、合理的で分かり易い。
オカルトじみた話は一切無い。
この先生の本の各論はうちで語っていることとほとんど違わないようで、よく理解できます。

訳本もありますが、よく解っていないかと思われる誤訳がたくさんありますので、
わけわかめ〜、、??です。
原著で読んでください。
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4263443136/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1

でも、この先生、最終的には天然歯を全部削り倒して全補綴するんですよ。
問題のある歯列は取っ払って、顎関節や筋肉の動きに調和した新しい歯列を作る。。
さすがは究極の西洋人的発想ですが、どうなんでしょうかね?

・・ビジネスとしては最高ですが。。^^;

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.