歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

DVD-Rの寿命 (9)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

3s.gif

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20070720/277930/?P=1

大事なデータがとんでしまって、青くなった経験がある人は多いと思います。
HDDも電子部品があるし、その寿命はある。
光メディアはどうなのか気になっていましたので、検索してみました。
CD-Rも1年もすると読めなくなる経験があって、
DVD−Rでも某国製の粗悪品は、実質耐用年数0年という恐ろしい話も出ています。

で、表題画像です。

国産のもので、温度30℃、湿度80%において、
DVD−R 9年〜74年
DVD−RW 27年〜1万1000年
DVD-RAM 134年〜250年

というものがありました。

まあ、加速度試験というものですので、正確なものではないでしょうが、目安にはなります。
DVD-Rはせいぜい10年ということで、10年とかはすぐ過ぎてしまうので、永久保存には向かないでしょう。

DVD−RWの1万年以上というのは数字だけのお話でしょうから、
10年経過したらバックアップを取り直すということで、次世代にデータを引き継ぐといった対応が必要でしょう。

DVD-RAMはむき出しではない(中身を取り出せるのもある)ので、埃や傷に強いというのもあるでしょうから、
とんだらショック死しそうなデータはこれに2枚以上のバックアップを取っておくというのがよいかもしれませんね。

http://www.dcaj.org/h17opt/17opt_youshi.pdf

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.