真空管式太陽熱温水器設置ver.2.21

   

屋根はアルミ樹脂複合板を貼っているのですが、200kg近い太陽熱温水器が乗ると接着剤のシリコンシーラーの厚み分沈みます。
その沈みを広範囲に拡散するために、アルミ複合板の端切れをピラミッド状に3段重ねにしました。
工学分野ではインピーダンス整合というのですが、当然といえば当然ですかね?

暗くなるまで作業をしたので、偶然綺麗な画像が撮れました。

 - 太陽, ソーラーハウス, ドクターのつれづれ。