歯科医院長mabo400のブログ

改正著作権法で違法になった「リッピング」とは?〈週刊朝日〉 (2)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

img8f06d205zik3zj.jpeg


10/15 1:59迄 全商品ポイント5倍♪【送料無料】TASCAM(タスカム) ポータブルCD/SDレコーダーPortable CD/SD Recorder BB-1000CD

「リッピング」=「CD/DVDのコピー」が違法だそうで、今更なにをほざいているのやら、、
楽天でもそういう機械は売っていますが、これは御法度、ご禁制の品ですか?

うちのプリウスのカーステ?はCDを入れると勝手にHDDにコピーを始めますよ。
それも違法ですか?

音楽業界はそれだけ追い込まれているのでしょうが、
もう諦めた方がよいのでは?

ミュージシャンは一期一会のライブコンサートで食べて行くしかないでしょう。
CDはコンサートの記念品として販売、
もしくはネット上に積極的にアップして、ライブを聴いてみたいと思わせなくては、、
それができないアーティストはゴミということです。

ーーー引用開始ーーー
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121009-00000013-sasahi-ent

dot. 10月9日(火)16時31分配信
インターネットで動画や音楽をダウンロードしただけで、2年以下の懲役や200万円以下の罰金を科される恐れがある改正著作権法が、10月1日に施行された。 どのような行為が罪に問われるのだろうか。著作権法に詳しい金井重彦弁護士が解説する。 「無償で放映されたテレビ番組や楽曲を録画・録音するだけなら大丈夫ですが、すでにCDやDVDとして販売されていたり、有料でインターネット配信されたりしている楽曲や映画、テレビドラマをダウンロードした場合は罰則の対象となります。動画などが、違法にアップロードされたものだと知っていたことに加え、被害を受けた側が被害を訴え出ることも条件となります」 今回の改正には、もう一つ大きな柱がある。「リッピング」と呼ばれる行為の違法化だ。 リッピングとは、DVDや一部のCDに付けられている「コピーガード」という複製を防ぐ機能を解除して、動画や楽曲のデジタルデータをパソコンに取り込む行為のことだ。これまで著作権法では、個人的に楽しむ場合であればこうした行為は認められており、ネット上ではコピーガードを解除するための無償ソフトも提供されている。 それが今回の改正では私的複製の範囲外とされ、罰則こそ科されないものの、違法な行為とされた。 なぜこうした行為まで規制されたのだろう。 「リッピングによってDVDなどから取り出されたデジタルデータは、動画サイトにアップロードする際にも使われます。違法アップロードにつながるリッピングを違法化することで、違法アップロードを防止することができるのです」(文化庁著作権課) 現実の世界だけではなく、自由な空間とされたネットも、徐々に息苦しさを増しているようだ。 ※週刊朝日 2012年10月19日号

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1.  ロミエル より:

    mabo400さんの記事でしたか。
    リッピングが独り歩きしている様な気がします。
    CDをパソコンに取り込むのをリッピングと呼ぶようですが、
    リッピングとは情報の吸い取りで、
    オリジナルデータもなくなるのらしい。
    なので、実際にやっているのはコピーではないかと。
    ある機種でハードディスクからブルーレイに移すとき、
    コピー後ハードディスクのデータは消去されますとありました。
    ムーブ、移動。
    これがリッピングにあたると思います。
    手持ちの古いレコーダーはコピーしても消去はされません。
    規制強化前のモデルみたいです。
    少数のおバカさんのために規制かけられる典型。
    自由は無制限ではなく責任ある行動が問われます。
    リッピング≒CD等のパソコンへの取り込み。
    いわゆる用語としてとらえています。

    • mabo400 より:

      僕は世事に疎いらしくて、僕の記事が一人歩きしているんですか? Wikiも読んでみましたが、デジタルデータの吸い上げとしか。
      そんなデータ移動の機種を欲しい人がいるんですかね?
      デジタルデータはあっさり壊れて修復困難になるので、元データは残しておきたいですよね?
      それよりゴミではないミュージシャンでもコロナ禍でコンサート収益も上がらず。ネット配信もお金にならず。廃業寸前に追い込まれているという話を聞きます。
      この記事で言いたかったことはあまり規制を強化するとかえって音楽業界がシュリンクするのでは?ということです。
      ネット時代になってみんなスマホで適当に拾って聴いていますよね。違法とかそうではないとか関係なく。
      リッピングと関係ないですが、診療室でもCD を鳴らすこともできないし、息苦しい時代が続いています。

  2. ロミエル より:

    これですね。
    紙一重の世界でもあると思います。
    違法アップの映像?で初めて目にしたドキュメンタリー番組もあります。
    貴重な映像で、削除覚悟との記載も。
    音楽もYou Tubeで目にして知る物や、
    それで思い出してCD買いなおしもあります。
    ヒモメディアゆえのランダムアクセスの利便性の不利もあったでしょうが、
    DATがつまづいたのは著作権うんぬんで足踏みしていたうちに他のメディアが出てきた経緯もあると思います。
    民生最強のマシンだったが故の悲劇ではと。
    業界が騒ぐほどユーザーはバカじゃない。
    ほんの一握りのバカはいる。
    そいつらがやらかした行為で全体が迷惑被ります。
    今のデジタル機器はそれより安く高性能。
    売れるかタダ同然でばら撒かれるか。
    大変ですね。
    それより、著作権うんぬん言う著作権協会が一番いかんような気もします。
    ひとまとめに独占しているじゃないですか。
    通さなければ違法と騒ぐし。
    放送局は高額な使用料を納めていますね。

    • mabo400 より:

      そうそう、患者さんから自分のブログにYoutubeの音楽のリンクを貼っただけでお金を要求され7万取られたとかいう話を聞きました。
      みんな言っていますよ。N..もそうだけれど、ヤクザのみかじめ料ビジネスって。

  3. ロミエル より:

    リンク貼って取られたは理解に苦しみます。
    広告出して売り上げに貢献するのではと。
    それじゃ、縁をアダで返す様なものです。
    自らならまだしも、
    自動的にや、意図して外さないといけないのをそのままで請求なんかされた時はやってられないです。
    僕がブログをやめ、
    HPもやらないのは荒らされや批判的書き込みもですが、
    リンクもろもろ面倒になったもあります。
    動画You Tubeは過渡期とみています。
    普及してきて多くの一般人も参入しています。
    儲かるとなれば、
    縛りをかけてくるのは世の常。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.