HS-400の平面(有限大)バッフル化2

   

河村です。

 御指名を戴きましたので、持論を展開させて戴きますと、
床にポン置きでまともな再生ができるスピーカが存在しない
のは、その通りだと思います。ただ、もしできているとすれば
そこには色々なごまかしの策が弄されているとするのは、ど
うでしょうか。ごまかしの策があるのなら、HS-400でもやりま
す。できているというのは、無響室特性でフラットに近くなる
様にf特をいじるという事だと思いますが、そんな事では無響
室でも測定距離を変えればフラットでなくなりますし、普通の
部屋へ持って来てもフラットにはなりません。

 バフルの大きさについては、普通の大きさの部屋なら、大き
ければ大きいほど良いという経験を持っています。有り合わせ
の箱などを積んで大きい平面バフルにしたものの、適当なサイ
ズの板も箱も無かったので、上端の凹部をそのままにしていま
したが、思い立って適当なサイズの詰め物を作って、そこに詰
めたり外したりしてもらい、聴き比べた処、音に差があったので
驚いた経験が有ります。

 - オーディオ, ソーラーハウス, ドクターのつれづれ。