薪ストーブ (4)

      2017/02/26

  • IMG_4262.JPG

今日はちょっと冷えるようで、薪ストーブに火を入れてみました。
最近は薪を使わないので、山の木を切りません。
僕が子供の頃から数十年切られていません。
それで、山の木が大きくなり過ぎて、両腕で抱えられない程です。
木の下は日陰になり下草が生えていません。
そのため山の保水力が落ちているようです。

たまには木を切らないと山や里の健康に悪いのですが、
薪が売れるあてがありません。

でも、10年もすれば、皆エネルギーに困るようになっていると思います。
また薪が復活しますね、

 - ドクターのつれづれ。, もったいない学会