国の借金983兆円=国民1人771万円―9月末

      2017/02/26

EUもアメリカも崩壊だの財政の壁だのと言っていますが、
日本だって似たようなものです。

5年前の2007年に7年後には財政破綻と単純計算していましたが、
現実化しそうですね。
いよいよ再来年です。。^^;

5年後には誰の眼にも明らかになるでしょう、とか書いていますが、
今年のことなんですが、皆さんどうでしょうか?

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/200704060001/#comment

財政破綻と言っても、国債が紙切れになるだけの話で、
国債を買っている人は税金だと思って諦めるしかないです。

これからまた経済も成長して景気が良くなるということは基本的にはありません。
それは、資源エネルギーが減耗モードに突入したからです。
特に石油の生産量が2006年頃にピークを迎え年率5〜6%で減少を始めたからです。
15年で半分近くになるかもしれないということですから、厳しいです。
石油は常温で液体である資源でありエネルギーであるということに最大のメリットがあって、
ガスや固体(天然ガスや石炭)にはない効率の良さがあるのです。
はっきり言うと、内燃機関は壊滅してしまうでしょう。
そして、内燃機関を使う農業機械も。
そして、人類も。

まあ、これからは身の丈に合った生活をするしかないわけで、
ここで70年代シリーズとか、やっぱり60年代シリーズとか、いやいや50年代シリーズとかやっているのは、
それぞれ、エネルギー消費水準が1/2、1/5、1/10だったその頃は、今と比べてどうだったか?
別に土人生活だったわけじゃないよ。
心配することはないよ。。という当時を知らない若い人たちへのメッセージなのです。

ーーー引用開始ーーー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121109-00000124-jij-pol

国の借金983兆円=国民1人771万円―9月末

時事通信 11月9日(金)17時26分配信
財務省は9日、国債や借入金などの残高を合計した「国の借金」が9月末現在で983兆2950億円に膨らんだと発表した。前回公表の6月末に比べ7兆1098億円増え、過去最大を更新し続けている。10月1日時点の推計人口(1億2753万人)で割ると、国民1人当たり771万円の借金を背負っている計算になる。 国の借金は2012年度末に、1000兆円を突破する見通し。これは、円売り介入の際に発行する外国為替資金証券を195兆円の限度枠まで発行する前提になっている。 バブル崩壊後の長引く景気低迷で税収が減少する一方、高齢化で増加している社会保障費や東日本大震災からの復興費を賄うために国債を発行しており、国の借金は膨張に歯止めがかからない状況だ。 内訳は、財投債などを含めた国債全体が803兆7428億円となり、初めて800兆円を超えた。借入金は54兆1853億円、政府短期証券は125兆3669億円だった。

 - ドクターのつれづれ。, もったいない学会