HS-400定電流駆動第2システム10

      2018/01/29

新規にケーブル類をサウンドハウスさんで、サンプリングレートコンバータとしては勿論、A/Dコンバータとしても音の良いBEHRINGER SRC2496の中古を尼に出品している業者さんからゲットした。
CDプレーヤはデジタル出力が付いているSONYのDVDプレーヤDVP-SR20をまた買った。
この機種は5,000円しかしないがデジタル出力の音は悪くない。
ちなみにアナログ出力の音は聴いていない。

4台のRoland AP-700のI/Vコンバータを全てOPA627BP×2に交換して、

ランニングテストを済ませて、新規に買ったケーブルをつないで聴いてみようとしたら、音が出ず。
よく見たら自作のケーブルはアンバランス接続で、

1>Grand
3>HOT

としていたが、今回購入したケーブルは

1>Grand
3>Grand
2>Hot

になっていた。出力ショートになるので、音が出ないのは当然だ。
どちらが正解なんでしょうかね?

とりあえずケーブルに合わせて、2台のAP-700の出力端子の接続を

1>Grand
2>Hot

に変更した。

K先生のために10年以上も前に作った自作の定電流アンプに火を入れてみた。
このアンプはHS-400の定電流マルチアンプ駆動用の4アンプ一体型で、
各アンプとも出力インピーダンス100KΩ、8Ωでの無歪み最大出力100W、全帯域0.1%以下の歪率を達成している。
定電流アンプでここまでのスペックは見かけないと思う。
というか定電流駆動アンプなどオーディオ用途では自作以外では入手できないと思う。

スピーカの定電圧駆動とか定電流駆動という意味すら理解されていないのがオーディオ界の現状ではないでしょうか?

6.8Ωの抵抗器をつないで出力電圧を監視しているが、特に問題ないようだ。
片チャンネルが軽く発振気味なのだが、当地区では盛大な発振には至らない。
関東地方ではフルボリュームにすると片チャンネルだけ発振に至る。
片チャンネルだけ不安定というのもちょっと解りにくい現象だと思う。
2台作ったが2台とも同じだ。

とりあえず試聴には差し支えないので、次回は全部つないで聴いてみよう。

 - オーディオ, ドクターのつれづれ。