70年代シリーズ72

      2017/02/26

IMG_4504-20-1.JPG

向かって左は1968年頃の発売のTC-100A、右は1970年頃発売のTC-100F、共に価格24,800円。
共に1966年頃発売のTC-100のマイナーチェンジ版です。
60年代後半は高度経済成長期と呼ばれ、消費エネルギーに比例して賃金もアップし、物価も上昇した。
今の中国やインドなどの新興国と同じだ。
そういった状況の中で価格を据え置く為に、技術革新を含めたコストダウン、効率化の為の様々な試みがなされていたと思われる。

TC-100Aは外部マイクで、カセット蓋は覗き窓付き。
後発のTC-100Fは内蔵マイクで、カセット蓋はスモークのスチロール樹脂の一体成型。
外部から見比べただけでも、当時の経済状況が見て取れる。

e32cf99d01998eff0f42e1fe6ce383c09e687609.13.2.9.2.jpeg
86aa161f01650f37457f41adaeb6b9fc4edda2f8.13.2.9.2.jpeg

自民党は3%の経済成長と言ってはいるが、人口減少とそれに伴うマイナス経済成長は中長期的には正しい。
資源エネルギー減耗時代を迎えた今、
人類の持続可能性という観点からは2008年以降のマイナス経済成長は当然で、
無理矢理経済成長政策などやってみても、人口崩壊を伴うハードランディングを早めるだけだ。
ハードランディングよりソフトランディングを目指すことは、だれが見ても正解だろう。

 - ドクターのつれづれ。, もったいない学会