歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

試作スピーカ0.41

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ヨークの片割れを作るのに3時間と見積もりましたが、
とんでもありませんでした。

休憩を挟んで8時間、、

こんな

感じです。

あと6個必要です。
気が遠くなりますが、そのうちできるでしょう。

次の問題はフィールド型にする場合のコイルの設計です。

鉄をフライス加工する時にはギャンギャン、ゴリゴリ、、と、
ものすごい音がします。
イヤホンで英会話をかけていても何を言っているのか聞き取れないほどですので、
防音仕様の部屋か隣近所に民家のない工場が必要なのです。

ソーラーハウスはこのために作ったのですよね。。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 楽天ルシファー より:

     成程ともうしますか、フィールドタイプも御考えでしたか。理論的には飽和させるところまで持っていけますから。

    私は、マクソニックの中域ホーンのドライバーにフィールドタイプを所有しておりますが、電源で磁気のコントロールが出来るので便利です。

    先生は、景山式スピーカーと、FAL(古山・オーディオ・ラボラトリー)の事は御存知でしょうか?

    景山式スピーカー
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~chosho/FLAT/flat.htm

    FAL
    http://www.fal.gr.jp/products/speaker_unit/flat_c90/

  2. mabo400 より:

    ルシファーさん、いつもコメントありがとうございます。
    先生と呼ばれるほどの者ではありませんが、
    影山式、もちろん知っています。1970年代にMJの記事がありました。
    お住まいは河村先生のご実家の近所だったとか。

    試作機は影山式をもっと理論的にしたものというか、
    別物とお考えいただいた方がいいかもしれません。

    平面振動板は棒を横に並べたものという意味です。

    http://mabo400dc.com/tsuredure/post-20527/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.