歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

やっぱり60年代シリーズ23

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_5025-26-1000.JPG

僕がオーディオ(音の出る機械)に目覚めたのは最初はテレビ、次はラジオやラジカセで、
じつは録音機以外のメーカー製のステレオ装置にはあまりなじみがないのです。
それは1976年に出会ったHITACHI Lo-D HS-400というとてつもないスーパースピーカを鳴らすために自作オーディオにはまってしまったからです。それ以降で購入したメーカー製アンプは1980年代のNEC A-10だけ、それもオクで手放してしまいました。

自分で作れないすぐれた高級機は金銭的に手が出ませんでした。ほんとうに高価だったのです。今はそういう機械は存在しません。資源の無駄としか言えないようなゴミばかりです。もう僕には現代文明は完全に行き詰まっているように見えます。

で、表題画像は1963年にグッドデザイン賞を受賞しているSONY model 5-202です。
オールトランジスタ式のポータブルテレビで、ずしりと重いメタルの筺体。
以前ご紹介したmodel 5-303のニッカド充電式電池対応を省略した機種です。

当時の定価が44,800円。
当時の大卒初任給は、18,980円だったそうで、2倍以上の価格です。

高度経済成長真っただ中とは言え、庶民にはなかなか買えるような値段ではなかったと思います。
もちろん小学生低学年の僕は町の電気屋さんのショーウィンドウでちらっと見かけただけ。
誰が買うんだろう??みたいな。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.