歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

やっぱり60年代シリーズ24 (7)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_5043-28-4-203.JPG

1965年頃発売のmodel 4-203
1966年頃のカタログには
「世界最小のテレビ マイクロS」
定価52,300円(現金正価49,800円)と書いてあります。
現金正価というのは一体何なのでしょうね?
キャッシュで買えば安い?
当時は給料の何カ月分もする品を現金で買う人はいなかったということでしょうか?

単2アルカリ電池9本で駆動できる、
「肩掛けアンテナで歩きながらでもOK」とも書いてあります。
当時高価だったアルカリ電池を9本も使い、1~2時間がせいぜいと思われる視聴時間、
一体どんなお金持ちが所有していたんだろうと思います。
高度経済成長期というのは、消費というものが現実離れしていた側面があります。

しかし、今見るとミッドセンチュリーといえるメタルを多用したデザインで、
とても魅力的です。

そのうち時間ができたら、もっとアップの画像をお見せしたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.