歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

上條式SITアンプ20

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

このプリアンプは上條式SITアンプのゲインが低いので、
そのフロントエンドという意味もありますので、
こちらのつづきにすることにしました。

今日は箱の穴開けが済み、明日からはアッテネータに抵抗をハンダ付けし始めます。

でも明日3日は休日診療の当番日なんですよね。。^^;

RCAのレセプタクルはカナレRURJの手持ちがありましたので、
他のもこれにするつもりでサウンドハウスに発注しました。
後ろの穴はまだ届いていませんので、開けたままです。
ホールソーで開けたのですが、熱でコーティングが変色してしまいました。

内部はP型アッテネータの他に使っていない4連の内2連のロータリーSWを使って5ビット(2dB×2^5=32ステップ64dB)のΠ型アッテネータを作ろうと思っていましたが、
配線がたいへんそうなので6ビットのADコンバータを使ってコントロールする(1dB×2^6=64dB)のΠ型アッテネータを別企画で作るつもりです。

内部はLPレコード用のイコライザー基板と電源基板、
そしてYAMAHA B-1のランブルフィルター基板をそのまま使ってフラットアンプを作る予定です。

このアンプはB-1のプリアンプとして使われていて、高音には若干癖が付くのですが、無くても動作はします。
しかし、無いと中抜け気味の寂しい音になるのです。どういうことなのか解りません。

回路もとても変わっています。入出力にはBPの電解コンデンサーが入っているし、音が良くなる要素はないのですが、なぜかないと寂しい。。困ったものです。

13-1-2-10.JPG
13-1-2-10.5.JPG
13-1-2-11.JPG
13-1-2-12.JPG
13-1-2-13.JPG
13-1-2-14.JPG
13-1-2-15.JPG
13-1-2-16.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.