歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

60年代と70年代のデザインの違い (2)

2017/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -

グッドデザイン賞はもらっていないようですが、
歴代小型TVではすぐれたデザインを持ったテレビだと思います。
機能性や実用性には目をつむっても欲しくなる。
今はそういう商品はありませんね。
1966年製model 4-203 当時価格49,800円、4インチ画面で単2電池8本で消費電力3.6W。
筺体はスチール、アルミフェイス、プラステックはブラウン管フレームと裏ぶた。

60年代の特徴はメタル。メタリックというと、塗装やメッキのイメージがあるので、メタル。
しかも、このメタルの外装には、しぼ皮仕上げがしてある。
IMG_5215-13-1-13-3.JPG
IMG_5218-13-1-13-3.5.JPG
IMG_5217-13-1-13-4.JPG
IMG_5219-13-1-13-4.5.JPG

向かって左は76年製のTV-301 3インチ画面で単1電池4本で消費電力5W。
筺体はプラステック製でアルミのパネルで化粧されている。

70年代の特徴はプラステック。
IMG_5222-13-1-13-5.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.