歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

60年代と70年代のデザインの違い2 (6)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_5223-13-1-13-6.JPG
どちらもSONY製品で、同系統のデザインですが、15年の時間の隔たりがあります。

小さい方が1963年頃の製品でmodel 5-303E 輸出仕様のようでAC240VとDC12V対応です。
もちろん白黒TV。

大きい方は1978年製KV-6020でカラーTV。どちらも車載を想定しているようでDC12Vに対応していますが、ほんとに車載していた人を見たことはありません。
70年代は車はかなり普及していましが、63年頃は自家用車を持っている様なお金持ちは1万人に1人程度でした。

60年代は筺体はメタル、70年代はプラステックです。

70年代に戻ると消費エネルギーは半分ですが、生活の質は今とあまり変わりません。
この頃に戻るのは簡単です。うちは事業所を含めて戻れることを確認しています。
63年頃は1/5になりますが、車がないだけです。あ、エアコンもないか。。
まあ、この頃に戻らないと、サステナブルでは有り得ません。
できなければ人類は滅亡するでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.