歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

福島第1原発冷却システム停止問題 ネズミの感電が原因か

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ネズミが配電盤に入って感電して死んでいることはよくあります。
うちでも分電盤の周りが臭いのでなんだろう、、?と思っていたら、ネズミが感電して死んだらしくミイラになっていました。
でもそんなことで、配電盤が燃えるとかないですね、ふつう。。
過電圧がかかるとかそんなことでもないと燃えないです。
動画を見ると、ネズミの死骸も燃えていないし。
・・うそでしょう、なんか隠しています。

まあ、これが真実だとしても、ネズミが入ったくらいで止まる冷却システムとか、危なくてしょうがない。。
フクイチの事故はまだ始まったばかりで、収束などほど遠いということです。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130320-00000543-fnn-soci

ーー引用開始ーー

フジテレビ系(FNN) 3月20日(水)18時47分配信
福島第1原発で停電が起きて、冷却システムが停止していた問題で、電源盤の内部の壁などに黒い焦げ跡があり、ネズミが感電し、ショートさせた可能性があることがわかった。
東京電力は、会見で「(電源盤の内部に)小動物が落ちていることがわかりました」と語った。
東京電力によると、冷却システム停止の原因とみられている3号機・4号機の仮設の電源盤7つのうち1つで、ケーブルなどを接続する端子と壁に焦げ跡があり、黒くすすけていたという。
またその下では、ネズミのような小動物が死んでいたこともわかり、端子の間にネズミが入り、感電したことで、電源盤がショートした可能性もあるみて、さらに調査を進めている。
最終更新:3月20日(水)18時57分

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.