保温電子炊飯器 (2)

      2017/03/21

これも保温機能を使わなければ、
原発2基要らなくなる電化製品です。
これで炊飯はしてもいいです、
ただし保温はしないこと。

だらだらと保温すると電気代がかかります。

なぜか?ほとんど保温性能は0だからです。

これは「シャトルシェフ」という保温調理器です。
シャトル1
ものすごい保温性能を持っていますので、
内がまで材料を沸騰するまで加熱(ガスまたはIH調理器で)して、
保温槽に入れて放置するだけで、料理ができます。
カレーやスープなど煮物には最適ですが、
ご飯も炊けます。
保温もまる一晩OKです。
炊きあがるまで1時間ほどかかるので(米は30分水に浸けることを推奨、この時間含む)、
普通の炊飯器でご飯を炊いたあと、これに移してもOK(鍋の余熱は必要)。
シャトル2
「一家に一台」必需品です。
実は2台目注文中。。(^.^)

これは某●ャ●コで3割引で買いましたけどね。

 - 節電, ドクターのつれづれ。