歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

HS-1500続き22 (3)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_7862.JPG
IMG_7865.JPG

昨日は作業スペースをご紹介しましたが、どういうことかというと、
やっとHS-1500のミッドレンジM-60のインピーダンス特性を測る環境ができたからです。
3ヶ月も放置していました。

で、今日は何をしたかというと、0.1Ω(実際は0.1013Ω)の抵抗をM-60に直列につなぎ、
その直列の両端に定電圧アンプをつなぎ、
M-60の両端で1kHzで1.0VAC(2.828Vp-p)の信号を加え、
f0の周波数とその時の0.1Ωの両端の電圧値、foから-3dB上がった(アドミッタンスなので)時の上下2つの周波数、
中域のインピーダンスの最低値(アドミッタンスでは最高値)とその周波数、
そこから+3dB上がった(アドミッタンスでは下がった)時の周波数、
を計測しました。
0.1Ωの両端の信号は小さいので+20dBのアンプを介してデジタルマルチメータで計測しました。

アドミッタンス特性
-3dB:198.44Hz/51.477mV
fo:253.00Hz/36.400mV
-3dB:318.60Hz/51.477mV
MAX:1091.00Hz/124.26mV
-3dB:18.810kHz/87.865mV

インピーダンス・カーブは以下のグラフのように、
アドミッタンス・カーブは逆数なので、天地をひっくり返したようなカーブになります。
35f19a77aefb1c2b2fa9cd4c8145c448b18921a4.13.2.9.2.jpg
35f19a77aefb1c2b2fa9cd4c8145c448b18921a4.13.2.9.2.jpg

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.