歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

福島第2原発大規模訓練 背景に内部構造が世界中に知られたこと

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

20130511-00000048-mai-000-view.jpg

まあ、最悪ですわ。この世には人間が作ったいろんな機械がありますが、
通常は放置すると勝手に爆発する機械というものは有り得ないわけで、
そんなものは欠陥商品でしかない、という取り扱いです。

それが世界中に500基とかあって、みんながビビっているわけです。
爆発させる為には、外部からの電源を落としてしまえばよいという。
そんな簡単ことで福島第一のようになってしまうわけで、
それが世界中にバレてしまった。

コンセントを抜くと爆発する電気製品とか誰が買いますかね?

で、テロリストの標的になるんじゃないかと、焦って訓練しているわけです。
まあ、テロリストもビビっていますよ。
爆発した原発は事実上収束させることはできません。
永久に放射性物質垂れ流しになります。
それが自分の国まで被害が及ぶかもしれないからです。

原発を維持管理するには、石油が必要で、ウラン燃料がいくらあっても起こせるのは電気だけ。
電気では建設も、メンテナンスも、解体も、再処理も、燃料を作ることすらできない。
原発というものは石油文明のあだ花だったというそれだけのお話なわけで、
そのかんじんな石油の入手が困難になりつつある、
石油文明が終わりつつあるというのが世界の現状なわけです。

まあ、さっさと原発は止める方向に舵を切らないと、たいへんなことになります。
目先の銭のことばかり考えて、再稼働とか新規建設とかやっていると、
世界中の500基もある止めても爆発はしないものの、放射能まみれの原発が維持管理できなくなり、
環境放置、腐って周辺地域が放射能汚染され、人間が住めなくなるのは目に見えている。

原発を廃炉にするというのは簡単なことではなくて、莫大な費用がかかるというだけではない、
出てきた膨大な放射性まみれの産業廃棄物を永久保管する場所がないということがもっとも大きい。
適当にその辺に穴掘って埋めるというわけにはいかないのです。

結局その場に石棺を作って、地下も地上も覆ってしまうしかないでしょう。

その技術は日本にすでにあり、「人工堆積岩」(クリック!)とよばれています。
うちのブログに採り上げていますので、ご参考まで。

img75001966zik1zj.jpeg

ーー引用開始ーー

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130511-00000819-fnn-soci

フジテレビ系(FNN) 5月11日(土)21時52分配信
福島第2原発で11日、テロリストの侵入や攻撃を想定した警察と海保の大規模訓練が行われた。
原発のテロ対策が今、急ピッチで進められている背景には、福島での事故以降、内部の構造が、世界中に知られてしまったことにある。
公共政策調査会・板橋 功第1研究室長は「福島の事故の前に行ったときは、1枚も(原発内の)写真は撮らせてもらえなかった。それほど厳しかったのに、今回の事故後、原発の施設の配置が明らかになってしまった」と話した。
外部から、武装して侵入するテロリストだけでなく、施設内で働く作業員による情報漏えいや、テロリストの内部協力者を排除する対策が必要だ、という声が高まっている。
現在、日本では原発内部で働く作業員に関して、免許証などの身分の確認だけで働くことができ、対策が十分とはいえない。
公共政策調査会・板橋 功第1研究室長は「犯罪歴や薬物使用歴、経済状況を調べて、(テロリストの)内部協力者にならないか判断する。先進国では、ほとんどの国がやっている」と述べた。
IAEA(国際原子力機関)からも各国に勧告されている身元調査制度。
日本では、プライバシーの観点などから義務づけられておらず、福島第1原発事故直後に作業員の名前や住所の確認をきちんとしていなかったことから、現在も10人の作業員の行方がわかっていない。
国の原子力規制委員会も、2013年3月から見直しの検討を始めているが、関係機関との協議や法律の改正などに時間がかかる見通し。
外部からの武装テロリストと、作業員になりすましたテロリストの内部協力者の可能性。
原発事故以降、両方を想定した対策が急がれている。
最終更新:5月11日(土)23時32分

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.