歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

もんじゅ、無期限の停止命令へ 機器1万個の点検放置で

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

250px-Monju.JPG

核燃料にならない燃えカスの劣化ウランから燃やせるプルトニウムを作るという「核燃料サイクル」事業の要、
もんじゅ」に無期限稼働停止命令が下った。
まあ、当然でしょう。最初から事故続きで苛酷事故が起こったら日本が終わるだけではない、北半球に人間が住めなくなってしまうかもしれない、超危険な原子力プラント。
こんなものを作ろうとか、気が違っているとしか思えない。
なんせ、プルトニウムを作る為には金属ナトリウムを冷却材に使うしか無い。
事故が起こっても水を掛けられない。
金属ナトリウムは水と激しく反応(爆発)するから。
こんなものは欠陥商品中の欠陥商品、関係者ですら、内心びびりまくりです。

ーー引用開始ーー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130513-00000001-asahi-soci

朝日新聞デジタル 5月13日(月)3時5分配信

「もんじゅ」をめぐる主な出来事
【室矢英樹】原子力規制委員会は近く、日本原子力研究開発機構に対し、原子炉等規制法に基づき、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の使用停止を命じる方針を固めた。内規に違反し、1万個近い機器の点検を怠っていた問題を重くみた。期限はつけず、安全管理体制を全面的に見直すまで運転再開を認めない。 もんじゅは2010年8月に核燃料交換装置が落下したトラブル以降、再開しないままになっている。使用停止処分は長期化するとみられ、同機構が目指す今年度中の運転再開は不可能となり、核燃料サイクル政策に与える影響は大きい。 もんじゅをめぐっては1997年9月、ナトリウム漏れ事故の虚偽報告で国が1年間の運転停止を命じているが、使用停止命令に踏み込むのは初めて。これにより、運転の前段階となる原子炉起動に必要な核燃料の交換や制御棒の動作、格納容器の密閉性などの確認作業が禁じられ、運転再開の準備ができなくなる。
朝日新聞社

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.