試作スピーカ0.77

   

振動板フレームの裏面にはロールエッジを取り付けるので、
振動板の厚さ2.3mmと同じ厚さに座くる必要がある。
設計では穴より11.5mm内側だ。

1.8mmつづ3回に分けて掘り進むのだが、
少しづつΦ10mmのエンドミルでも抜けてくる。
油はよく拭いているつもりなのだが、腕が壊れているので、締め付ける時の力が足りない所為か?木槌で叩いてはいるのだが。。

これでフレームの厚さは2.3mm、
アルミが柔らかく加工しやすいとは言え、お盆休みの間中やっているが、そう簡単にできるものではない。

大先生ももっと早く試作機の製作許可を僕に出していれば、完成品も現実のものになっていたと思うのだが、今更遅い。完成品は先生の存命中には間に合わないと思う。

完成品はリボン状の長大なもので、試作品の25倍、幅50mm、縦2325mmもある。
これはK先生がか〜ばたさんのアイディアを元に決めたものだ。

かーばたさんの最近の作で売れている商品はこれ。

SONY LSPX-S1

表題画像

 - 試作スピーカー, オーディオ, ドクターのつれづれ。