歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

チャージコントローラ3 (2)

2017/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_9232 のコピー.JPG

PVモジュール(太陽電池)の代わりに定電圧電源に200Ωの抵抗を入れて動作させてみました。
制御回路のベース電位を半固定VRで変化させると並列制御回路の電流が増減するのを確認しました。
並列制御のMOS-FETのVgs:1.3VでIdが10mA流れて、200Ωの両端の電圧が2Vと言った感じです。

この直列に抵抗を入れるというのは、シャント型(並列制御型)の定電圧電源には回路の動作上必要なことで、
定電流源を繋ぐという意味があります。この定電流源とはPVモジュールの出力特性そのものなのです。
PVモジュールは出力抵抗(インピーダンス)が高いとも表現します。

回路図は以下のようなもので、このときの制御回路はそのまま流用して、

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201007220001/

並列制御回路だけをMOS-FETのカスケード接続にして、大容量抵抗器を省きました。
そしてそれを2パラ接続にしています。

IMG_9231 のコピー.JPG

明日はPVモジュールとバッテリーに接続して機能するか確認予定です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.