歯科医院長mabo400のブログ

蛍光表示管

2018/10/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

というのがあって、真空管の一種なのですが、低電圧で動作する発光デバイスです。
液晶が主流になる以前は電卓や車やオーディオ機器の表示パネルなどでよく使われていました。
日本の企業が特許を持つ技術なので特許料が安かったというのもあって、日本ではよく使われたようです。今でも結構見かけます。

https://www.noritake-itron.jp/cs/appnote/apf100_vfd/apf102_genri.html

点灯させてみました。4の字の横棒が飛び出ているので7segではなくて8segです。

回路図を見ると直熱型三極菅そのものなので、増幅素子として使えるかどうか調べてみました。

実際に製品化されています。

http://mabo400dc.com/tsuredure/post-23908/

結論から言うとVgがプラス領域でないと動作しないようですので、Igが流れるので増幅素子として使うメリットはなさそうです。

Vp:12Vで回路図の通りの配線だとヒータ電圧0.547V、ヒータ電流19.2mA

Vg:12V Ip:83.6μA Ig:166μA
Vg:3.16V Ip:6.1μA Ig:3.5μA
Vg:0.0V Ip:0.0μA Ig:0.0μA

Vg:3.16Vまでは光るのが見えます。

*3.16Vはリチウム電池

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ロミエル より:

    それは楽器メーカーのでしたか。
    わくわくしますね。

    • mabo400 より:

      その楽器メーカーの双三極管もこの表示管も同じノリタケ系列のメーカー製です。

      お米は5袋希望ですがどうでしょうか?

  2. ロミエル より:

    5袋もありがとうございます。
    お値段は例年どおりです。

    表示管が増幅素子にもなるとおもしろいです。
    出力は小さくても良いでしょう。

    例の新型真空管は中に小さなレベル計を光らせると見た目にも素敵かと。
    実用性うんぬんは置いておき、演出で。
    FL管のドットでも良いし、LEDを仕込んでもおもしろそう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.