歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

東芝プロフェッショナル・シリーズ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

というテストレコードのシリーズがあって、
Vol.2の中にSLや雷鳴という大音量音源を収録したLPレコードがある。
70年代に僕もゲットしてよく聴いていた。

今回、手持ちのものを探してみたが見つからなかったので、オクで中古をゲットしたのだが、ヤニと砂埃で汚染されていたので、また別のレコードを落とした。
今度のはどうだろうか?

ダイナベクターDVカラット23Rだが、砂埃で針がチッピングしそうで怖い。
このカートリッジは80年代前半の製品だと思う。

盤面の黒い部分が音量が小さく、白い部分は音量が大きい、溝が深いのだ。

このプレーヤーはパイオニアの高級品でラジオ技術誌の元編集長高橋三郎さんに頂いたものだ。
音は非常に良い。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ロミエル より:

    レコードは丸洗い出来る。
    小・中学生時代はレコード直で学校行事していました。
    運動会では砂ぼこりの中、レコードかけていました。
    あまりにもほこりだらけになってきたら、
    そこらの水道でじゃぶじゃぶ…。
    水切って乾かして”演奏”していました。

    家でカビったのも洗っていました。

    良い子のみなさんは真似しないでね。

    • mabo400 より:

      そうですね。。レーザーターンテーブルがあるので、丸洗い機を購入するか検討中です。
      レーザーは盛大に静電気を帯びさせるらしくて、埃を吸い寄せてとんでもないことになります。

    • mabo400 より:

      2枚目は大丈夫でした。^^/

  2. ロミエル より:

    究極はコーティング?
    レーザーなら非接触なわけですから、
    クリア層をつけるとか…。

    • mabo400 より:

      そうですね。CDのように透明層でカバーする。
      でもそうすると、通常の針式のフォノカートリッジとコンパチブルになりませんね。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.