歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

究極のハイレゾルーション=アナログ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ハイレゾルーション(ハイレゾ)というのが、一部好事家の間でもてはやされているようですが、
これはCDの規格:分解能16bit(65536階調)、サンプリング周波数44.1kHz(理論的にはこの半分の周波数22.05kHz)までは録音再生できるというものがあって、
ハイレゾというのはこれをはるかに超えた高規格ということです。

しかし誰も言わない不都合な真実?というものがあるのです。

実際に試聴してみると少なくとも僕には10bit(1024階調)の判別も出来ないし(耳をスピーカーに押し付けて聞くとノイズが増えるのは聞えるが音質の変化は感じない)、16kHzも大音量でやっと聞こえるかどうかという程たらくで、CD規格以上のものが必要だとは到底思えない。

ところが、DAC(デジタル・アナログ・コンバータ)の自作実験をしたことがある人は気が付かれたかもしれませんが、信号の送り出し時に折り返し雑音のある不要帯域カットのためのデジタルフィルターやアナログフィルターによって大きく音質が変わるというか、損なわれる現実があるのです。

高音域の音圧低下や歪みやビートは聞えるがフィルターがない方が音は良い。
デジタルの音はこのフィルターの音を聞いているに過ぎないと言ったら過激だろうか?

ハイレゾの音が良いとすれば、少なくともアナログフィルターのカットオフ周波数は可聴帯域外に設定することはできるし、その次数も下げることができる。

要するにデジタルフィルターを使わなくても良いし、アナログフィルターも必要最小限、もしくは不要かもしれないのだ。

分解能が高ければ音質が良いとか聞こえもしない超音波領域の音を再生できるから良いなどとは言えないということだ。

ま、気合を入れて作られたアナログのLPレコードはCDをはるかに上回る音質だということは一聴すれば判る。もちろん十分に吟味調整された再生機器が必要なことは論を待たないが。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ロミエル より:

    泥沼のオーディオ道。
    ハイレゾ流行り?の昨今ですが、
    その昔の2トラ38はハイレゾなんじゃない?
    Lカセットもなかなかのスペックでした。

    実際使ったものでは、
    ’80年代によく見たデジタルマスターのLPが好きでした。
    CDは繊細なんだけど抜けかイマイチ。
    LPは荒削りだけど音に力を感じました。
    再生機の性能と自身の耳の関係もあるので奥は深いてす。

    これまで最高の組み合わせはアナログ衛星Bモードステレオと16ビット48kHZのDATです。

    ナカミチで録ったカセットも良いですね。
    dbxをかませて無音からドンと音が出ます。
    ダメテープも高級品になるナカミチマジック!

  2. mabo400 より:

    CDは繊細なんだけど抜けかイマイチ。
    >これが2次の帰還型ローパスフィルターの音なんです。

    僕もDATでBSをよく録りました。でもDATがもうダメなんですよね。。
    アナログテープレコーダーはたくさん作りました。2TR/38以上もやりましたが、やはり歴然と違います。鳥肌が立つレベルの音です。

  3. ロミエル より:

    2トラ38の音、聞きたいものです。
    荒削りだけどゾクゾクするような音がするような気がします。
    ノイズとかも音の一部でしょう。

    中学時代に音楽室の機材更新があり、
    たぶん当時最新式のヤマハのシスコンが入りました。
    レコードを流したりは当然ですが、
    クラスの合唱を録って流すときの音がクリアで好きでした。

    先生はオーディオには余り興味がなかったか、その場の授業の材料だからかたぶんノイズリダクションなしのノーマルだったと思います。

    盛大なヒスノイズでしたが生々しさと臨場感は素晴らしいものがありました。

    オーディオ道にはまるきっかけだったかもです。

    • mabo400 より:

      そのうち38/2Trをお聴かせしますね。
      当時の回路的な技術的レベルはSONYよりYAMAHAの方が上だったと思いますが、
      そんなことを分る人はいませんからね。。
      外見的には好みが分かれるでしょうが、この2社はデザイン性に力を入れていました。

  4. あむ より:

    新聞に載ってましたが、耳で感じているのではなく 肌で感じているそうです。
    私は気持ちがいいので冬でもなるべく外の音が室内に入るようにしていますし、
    山のテントだと外の音がしてすごく気持ちがいい。ので、ひょっとしたらハイレゾはアリかもしれません。

    • mabo400 より:

      そうですか、50kHzまで録れるマイクを持っていますので、FFTと皮膚感覚を使ってそのうち検証してみます。フィルターの音を聴いているだけというか、その音があまりにもひどいのでマスキングされてしまいそうですが。

    • mabo400 より:

      それとHS-10000は90kHzまで再生できるスーパーツイータが搭載されているのですが、
      まだ接続していないのです。
      なぜなら、専用のゲイン+6dBのドライブアンプが必要でだからなのです。
      河村先生は悔しいけれど(?)、高音が含まれているソースは音質が向上するとおっしゃっていました。
      ハイレゾ再生にはこれも用意しないといけないですね。

      実はですが、どのSACD、DVDだったか忘れたのですが、20kHz以上のデジタルデータを見ると00000000
      ばかりだったのですよwユーザーをバカにしていますよね?

  5. ロミエル より:

    えーっと。
    まずは自分の耳の性能の検証をしたいです。
    社の健診運転免許更で聴力はありますが、
    良好とだけの診断。
    実際どれだけの能力があるか分からないです。
    maboさん、それだけのシステムをお持ちなので、測定も出来ませんか。

    経年と共に聞こえなくなっている音あるでしょう。
    昔はテレビのブラウン管のピーがたまらなく耳触りでしたが今は何ともありません。
    確かあれはコイルが発する19kHzだとか。
    あ。ウチでは今でも全ての受像機がブラウン管です。

    それと今度担当になった4.5立積みのファイターのタービン音が立ち上がりと下がりで聞こえるんですが、
    加速中も盛大に聞こえているはずですが、
    余り気にならないです。

    歯医者さんのキィ~ンは苦手だけど、好きな音でもあります。

    • mabo400 より:

      昔のブラウン管のシーーーは水平同期信号の15.75kHzかな?
      20kHzまでだったらいつでもできます。
      これから高い方がどこまで聞こえるかやってみます。

      ・・でやってみました。
      18kHzまでは確実に聞こえます。19kHz以上でも聞こえるような気がするのですが、アンプのノイズや耳鳴り(同じくらいの周波数の耳鳴りが常時聞こえるのです)とビートを起こしていて、それを聞いているのかもしれません。
      大音量で鳴らしたので、耳が変になりました。。

  6. ロミエル より:

    約18kHzですか。
    どこかで、たむろする若者を排除するために19kHzを発する装置を設置した話しを聞いたことがあります。

    ナカミチのキャリブレーションで15kHzの信号が出ます。
    あれでも音としてはかなり高く、
    15kHzが再生できればは十分すぎるかと思いました。
    なのでナカミチに接続しているdbxやFMの高域が15kHzですが実用には足りるのかなと思ったり。

  7. ロミエル より:

    だからといってバッサリ切る必要はないと思います。
    20kHz以上は不可聴だから不要とカットとか、容量の関係で犠牲にするとかなりがちだから近年のデジタル機器の音に違和感があるのかもです。

    2トラ38は当時にして既にハイレゾ!か。

    • mabo400 より:

      20kHz以上の高周波がどの程度まで必要なのかは過去に色々研究されてきたのですが、眉間の皮膚で聞こえる人がいるという話もあります。
      しかしほとんどの人には聞こえない20kHz以上の音も聞こえないから不要とは言えません。
      記事の可聴帯域に音質劣化をもたらすフィルターの問題もそうですが、ビートダウンの問題も確かにあります。
      例えば、単音では聞こえない25kHzと同時に20kHzを鳴らせば、差分の5kHzが聞こえるからです。
      HS-10000の超音波領域再生能力はそれかもしれませんし、あむさんの言われているのもそれかもしれません。
      僕もハイレゾを否定はしません。
      今の所、ハイレゾをまともに再生できるシステムを構築できていないだけです。音が悪ければハイレゾでも仕方がないということです。高周波の再生能力があっても、可聴帯域の音質がダメダメというのはいくらでもありますから。
      2Tr30でもちゃんと作ればものすごい高音質機器になります。いつ取り掛かれるか。。モードレス試作機を作って量産機の目処が立ってからですかね?昔は散々やりましたけれど。

  8. ロミエル より:

    感性の部分というか、肌で感じる部分も多いにあると思います。
    ある方が散々やったあげく、無理だとオーディオ関係の機器や書籍を処分したという話しも聞いたことがあります。

    ハイレゾは販売のためにずるいことしているところがありそうです。
    旧ソフトを単にアップデート。
    これでも立派なハイレゾですもんね。

    それは置いといて、
    東芝のハイレゾCDラジオの第一号機が絶版になっているのが残念。
    1000番のです。

    ハイレゾうんぬんより、あのデザインとスペックに惚れていました。
    新型は進化しているのでしょうが、
    部分部分にコストダウンがあるような。

    レベルメーターに惹かれて狙っていたものの、
    手が出せずに、先ずは1ランクお手軽な90番だったかを購入したも、
    いまひとつ音がしっくりせず、
    一晩で決別。
    福祉団体に寄贈しました。
    CD部に至っては破損防止の固定テープすら外していないまっさらでした。
    福祉団体はちょうどこんなのが欲しかったらしく、えらく喜んでもらえました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.