日本の人口「移民で1億人維持可能」 政府、本格議論へ

      2017/02/26

img3b5fa416zik8zj.jpg

移民で1億人維持とか、笑っちゃいますねww
資源エネルギーが無限にあるとでも思っているのでしょうね?
文明の崩壊はもうそこまで来ていますよ。
資源エネルギーの要(かなめ)石油資源は2030年には使えなくなります。
人口減少はむしろ喜ばしいことです。
石油文明は一挙に崩壊、そして強烈な食料難がやって来るからです。

–引用開始–

朝日新聞デジタル 2月25日(火)0時32分配信

移民受け入れで人口は1億人超を保つ
外国からの移民を毎年20万人受け入れ、出生率も回復すれば100年後も人口は1億人超を保つことができる――。こんな試算を内閣府が24日示した。何もしなければ、2110年には4286万人に減る。移民が、働き手の減少や社会保障の負担増に直面する日本を救うのか。政府は議論を本格化させる。 政府の経済財政諮問会議の下で50年先を見すえた課題を話しあう専門調査会「選択する未来委員会」の第3回会合で示された。 国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の推計では、日本の人口は2012年の1億2752万人から、100年後は3分の1程度に減る。内閣府は、移民を15年以降に年20万人受け入れ、1人の女性が一生に産む子供の平均数にあたる「合計特殊出生率」も人口が維持できる水準とされる2・07に上がるケースを想定して人口を推計した。
朝日新聞社

 - ドクターのつれづれ。, もったいない学会