ビットコイン取引所停止…換金不能の恐れ

      2017/02/26

まあ、あれですよ。
通貨なんてものはそもそも幻想ですから、
思い込めば、紙切れどころか、PCの中にある数字でも通貨なわけです。

ビットコインなんていう仮想通貨が通用する、なんてことになると、
通貨は各国の中央銀行が発行するもの、という大前提が崩れてしまうわけです。

通貨発行権というのは「無」から「有」を作り出す打ち出の小槌、
◯ダ金が支配しているという中央銀行が発行する通貨の発行権が侵害されるとなると、
黙っていられませんね。

・・裏でいろいろバトルをやっているのでしょう。

お金は「幻想」、肝に命じましょう。

–引用開始–

ビットコイン取引所停止…換金不能の恐れ
読売新聞 2月26日(水)7時29分配信
インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の日本の取引サイトが閉鎖状態になっていることが25日、明らかになった。 同取引所では今月7日から、ビットコイン取引のソフトに不具合があるとして取引を停止しており、同取引所を運営するマウント・ゴックス社(東京)の担当者は今月中旬、「しばらく何も話せない」と話していた。 マウント・ゴックス社は2011年3月にビットコインの取引交換所をネット上に開設した。以来、取引量は1000億円以上にのぼり、一時期は世界のビットコインの8割を扱っていたとされる。 しかし今月7日、口座からの換金、送金業務を一部停止した。同社のホームページも25日現在、閲覧できない状態になっており、今後、同社に預けたビットコインの換金ができなくなる可能性もある。
最終更新:2月26日(水)7時29分

 - ドクターのつれづれ。, マネー