HS-400の定電流駆動その17 (2)

      2017/02/26

IMG_2075.JPG

このようなガラス戸の間にHS-400を挟むだけでも無限大バッフル(壁埋め込み)が成立するようですね。
そのうち計測して確かめてみますが。

IMG_2077.JPG

今日はPCM-D50+WM-61A による子供達のピアノの発表会の生録音源と高中正義の「The Rainbow Goblins」の音源をかけていたら、HS-400が段々目覚めてきました。歪み感が取れてきて躍動感と明瞭度が増してきました。オシレータを持ち込みましたが、これでエージングするのは次回にします。5Hzの矩形波でエッジが突っ張ってパンパンと音がするまで振らすのが正式なエージング方法なのですが。

PCM-D50は24bit96kHzで録音しましたので、SRC-2496を通して16bit44.1kHzにダウンコンバートしました。
正直なところをいうと、24bitと16bitの区別はつきません。それどころか、10bitと16bitの区別さえつきません。もちろん44.1kHzと96kHzの違いも聴感上全く判りません。以前同じアナログ音源を色々なサンプリングレートでCD−Rに焼き比較試聴した事があるのですが、ハイサンプリング/ハイビットレートの方が音が良いというのはウソです。瞬時切り替え試聴では音質の違いは判別できません。でも、判別する方法はあります。それはノイズレベルに注耳(?)するのですが、お分かりでしょうか? ハイビットの方がホワイトノイズが少なくなります。音質上の違いではないのです。世の中には色々な幻想と思い込みに満ちていますね。歯科業界だけのお話ではないのです。まずは自分でやって確かめてみる事です。文献を妄信したり、失敗を怖れたりして自分で確かめることをせず、ウソを信じ込むのは止めた方がよいです。歯はpH3.0の酸に溶けませんよ。

ahhfwww Classical _0001.300x299.19.8K.jpg

【当店専用ポイント(楽天ポイントの3倍)+メール便送料無料】グレン・グールドJ.S. Bach/Glenn Gould / J.S. Bach: Two-Part Inventions (輸入盤CD)【I2012/9/4発売】(グレン・グールド)

ついでに、もう一言。。うちの子供達にはバッハを弾かせているのですが、それには理由があります。それは楽譜を取り寄せて自分で弾いてみればすぐ分かりますが、バッハとその他の西洋音楽家達との間には大人と子供の違いというか、素人には聴いてみるだけでは違いは解らないと思いますが、絶対的なレベルの差があります。それはInventions and SinfoniasというBachの練習曲がありますが、その表題の通りの違いなのです。曲の着想と音の調和のレベルが段違いなのです。いくら超絶技巧のリストやショパンとはいえ、バッハに比べると弾くのが難しく、弾きこなすには相当な練習量が必要なのですが、着想と調和という音楽の本質に関しては全く稚拙としか言い様がないのです。でも皆さん本当の事は言いませんね、フッ素と同じです。 商売を考えると本当の事が言えないのです^^;
まあ、バッハを弾いていれば、最小限の練習で最大限の効果が得られるわけですよ。


高中正義/虹伝説 THE RAINBOW GOBLINS 【CDアルバム】

ついでにまたまたもう一言。この「THE RAINBOW BOBLINS」という高中正義のCDは僕が初めてCDプレーヤとCDを買って聴いたアルバムなのです。CDプレーヤはあの有名なCD-34だったのですが、話せば長くなりそうなので、またの機会に。ちなみにこのCDは虹を食べる小鬼の話が載っている絵本に触発されて高中さんが曲を作った一種の組曲なのですが、なかなかよくできたInventionsです。彼の才能がよく分かりますね。音質は秀。

 - オーディオ, ドクターのつれづれ。