HS-400の標準パラメトリック・イコライザー設定値

      2018/11/12

と○○さんも、もしかしたらご存知ないのかと思って、ここにアップしておきます。
この標準設定値がないとデジタルイコライザーを使ったマルチアンプ化ができないからです。
ツイータのMH-35とL-205はクロスオーバー周波数1.1KHzで-3dB、以降-6dB/oct.になるような減衰特性が得られるようにMH-35はfo:260HzをL-205はfh:2.6kHzのピークコントロールがされています。

さらに-6dB/oct.のLPF、HPFをそれぞれ入れて、-12dB/oct.逆相接続としています。

その他には振動板の形状効果による2〜3dBのなだらかなピークを補正しています。これはオリジナルのHS-400でもパッシブ素子で作られています。これらがないと明らかに生録の音が別ものになるそうです。

定電流駆動時のPEQのパラメーター設定数値ですが、定電圧駆動時にはfoのピークコントロールを省きます。

MH-35
fo:260Hz、-16.0dB、Q:1.6
P1:4.90KHz、-2.0eB、Q:1.5
P2:14.5KHz、-2.0dB、Q:1.9

L-205
fo:45Hz、-20.1dB、Q:5.3
P1:1.01kHz、-3.0dB、Q:1.3
fh:2.6kHz、-27.1dB、Q:10.0

 - オーディオ, ドクターのつれづれ。