GDPと円高政策

      2018/11/26

この話も盛り上がってきているwようで、ちょっとだけ。
GDPと円高の関係のグラフですが、

円高政策をやっていた福田内閣と民主党政権、

年代はちょっと忘れたのだけれど、福田内閣の時は2008年のリーマンショックにもかかわらずGDPは増えている。
ちなみにその前の2006年の小泉、第一次安倍内閣時はGDPは下がっている。
2009年からの民主党政権は明確な円高政策を採っていたので、2011年の原子力震災にも関わらずGDPは急上昇している。
2012年の第2次安倍内閣からはGDPは下がり続けており、緩やかな回復傾向とはとても言えず、景気の減速感は否めない。

歯医者をしているとこれはよく分かる。自費の説明がしにくくなるからだw 
嘘を吐いたり、脅したり、すかしたり、魂を悪魔に売らなければ、自費をゲットするのは難しいw

1985年のプラザ合意以降、円高にせざるをなくなり、日本経済は内需主導に移行せざるを得なくなった。
それが完了した2000年代以降は円高の方が庶民にとっては暮らしやすいことは実感できるだろう。
このところのガソリン高は円高だともっと安くなっているはずだからだ。

第二次安倍内閣以降は円安政策を採っており、それは一部の輸出系大企業の利益を代表しているからだが、
トリクルダウンは起きませんでしたね。公務員以外にはw

2000年以降の歴代内閣をWikiから抜粋してみました。

85 第1次森内閣 2000年(平成12年)4月5日 2000年(平成12年)7月4日
86 第2次森内閣 2000年(平成12年)7月4日 2000年(平成12年)12月5日
87 第1次小泉内閣 2001年(平成13年)4月26日 2002年(平成14年)9月30日
88 第2次小泉内閣 2003年(平成15年)11月19日 2004年(平成16年)9月27日
89 第3次小泉内閣 2005年(平成17年)9月21日 2005年(平成17年)10月31日
90 第1次安倍内閣 2006年(平成18年)9月26日 2007年(平成19年)8月27日
91 福田康夫内閣 2007年(平成19年)9月26日 2008年(平成20年)8月2日
92 麻生内閣 2008年(平成20年)9月24日 2009年(平成21年)9月16日
93 鳩山由紀夫内閣 2009年(平成21年)9月16日 2010年(平成22年)6月8日
94 菅内閣 2010年(平成22年)6月8日 2010年(平成22年)9月17日
95 野田内閣 2011年(平成23年)9月2日 2012年(平成24年)1月13日
96 第2次安倍内閣 2012年(平成24年)12月26日 2014年(平成26年)9月3日
97 第3次安倍内閣 2014年(平成26年)12月24日 2015年(平成27年)10月7日
98 第4次安倍内閣 2017年(平成29年)11月1日 2018年(平成30年)10月2日

 - ドクターのつれづれ。, マネー