沖縄県知事候補翁長氏は中国共産党の工作員?

      2017/03/24

こんなことも書いてありましたが、なんですかねこれは??

ーーーーーーーーーーーーー引用開始ーーーーーーーーーーーーーー

<次の沖縄県知事選候補者の中で、
沖縄を中国に売り渡そうとしている
人物とは誰かについて、

あっさりですが、明かします。

【翁長雄志氏】です。

・翁長氏は、「オールジャパン対オール沖縄」を宣言し、
本土への宣戦布告を以前から繰り返しています。

・翁長氏は、那覇市長時代に国民の血税である沖縄振興費の
一部を横領、約20億円をプールし、自分の権力基盤
の資金源にしました。

・翁長氏は、太子党(中国共産党高級幹部子弟など)
の中国人と親族関係にあります。

・翁長氏は、習近平のお膝元、中国福州市名誉市民の称号を
得ており、習近平本人とも30年近くに渡ってただならぬ
関係を持っています

・翁長氏は、中国文化の象徴とも言える孔子廟を建設
するため、那覇市の公有地をタダで貸し出しています

・翁長氏は、中国人を歓迎するためのモニュメント建設に
2億6000万円もの国の税金を投入しています
(中国では5000万円で建築可能です)

・翁長氏は、那覇市長という立場でありながら、
天皇皇后両陛下の沖縄ご訪問式典には一切顔を
出しませんでした

・翁長氏は、オスプレイ反対のリーダー的存在
として君臨しています(これも端的に言って
中国の侵略を歓迎するという活動です)

こんな人物が、次の沖縄県知事選で
最有力候補になるなど、普通に考えれば、
有り得ないことです。

ではなぜ、
そんなことが今起こっているのか。

ここに書いたことすらも、
沖縄県民には知らされていないから
です。

もちろん、本土の日本国民にも、
知らされていません。>

 - ドクターのつれづれ。