コンビーフ。 (2)

      2017/02/26

連休中に紅麹でパン用の種を起こしたので
今週、我家のパンはピンク色です。
ピンクのベーグルに挟まっているのは大豆で作られたコンビーフもどき。

私はコンビーフが大好きなのですが
昨今のBSE騒動の中、牛由来製品は避けるようにしています。
先日も吉野家が輸入した700箱牛バラ肉の中の1箱に
特定危険部位である脊柱の付いた肉があったことを発表していましたね。
発見、且つ発表した吉野家をエライ!ともいえるかもしれませんし
日本に入ってきているのは本当にそれだけ?と勘ぐりたくもなるし
アメリカは日本向けでなければ危険部位も輸出し続けているのだ
ともとれます。

それって、巡り巡って、加工品として
日本に入ってくる可能性もあるってことですよね?

現に今、韓国で6月の米国産牛肉輸入開放を前に
おこっているBSEパニックが伝えられています。
アメリカ在住の知人は、これが面白いのですが
もう長いことビーフは口にしていないと断言される方があるかと思えば
ビーフジャーキー大好き!今も昔も愛食中という方もあり
なにか、情報の偏りのようなものを感じます。

いずれにしろ私の中では、牛はもはや危険物です。

で、このもどきちゃん、香りがコンビーフそのものなのです。
よく出来ています。
お味のほうは、、、単体ではちょっと、、、、もどき です。
べーグルに玉ネギ(←ここ重要!)、野菜、マヨネーズとともに
挟んだら、まぁ、、、コンビーフです。(笑

豚肉やら、鶏肉やらもそれぞれに問題は散見され
お肉大好きな私には切実な事態です。
いえ、お肉じゃなくても好きなものはたくさんありますが、、、。

なんだってこんな世の中になっちゃったんでしょうねぇ。
いっそベジタリアンになっちゃおうか、、。(笑

追伸:
そうそう、この”ベジタリアン”という言葉、
私が小学校の高学年か、中学生くらいで初めて聞いたときは
”べジタビリアン”だったように思うのですが、、、?
記憶違いでしょうか?

 - 食べること, ドクターのつれづれ。